童子切安網

童子切安網は、天下五剣の筆頭ともいわれる名刀中の名刀。日本最古の刀匠とされる、伯者国(烏 おおはら申やすつな 取県西部)の大原安綱の最高傑作で、平安時代に作られたとみられるが、詳細は不 明。刃長二尺六寸五分(約加価)の堂々たる太刀である。 たんぱおおえやますしゅてんどうじ 「童子切」という恐ろしげな異名は、丹波大江山に棲む鬼神・酒呑童子を退治した ことに由来する。源頼光は、 都に出没しては美しい娘やまぶし をさらっていく酒呑童子を討伐するよう命じられた。頼光とその一行は、山伏を装 い、武具を隠して、その棲家にやってきた。出家には危害を加えることのない酒呑 童子は、山伏の姿をした一行を屋敷に迎え入れ、もてなした。  頼光は、毒を仕込んだ酒を勧め、酒呑童子を酪町させることに成功。寝床に攻め 入り、太刀を振るって巨大な鬼の首を落とす。 この太刀こそが「大原安網」。のちに「童子切安網」の異名を冠せられることとな る名刀である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です