つっかえ棒

つっかえ棒というのがある。30万円ぐらいにしかふめない刀を二人が50万円入れる。目のきかないのが60万円入れると55万円で落札されてしまう。他に、前の会で50万円で落ちなかった刀が次の会に又出る。まえの会より安く45万円ぐらいに入れるとこれが落ちる。札を入れるときは重文注意しなければならないわけだ。とはいっても素人の鑑定会ではないからそう時間をかけてみている事は出来ない。パッと見て瞬間に判断する。このあたりが「会は商人の戦場」といわれるところだろう。会へは比較的欠点のあるものが多く出る。それをパッと見破るのだから大変である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です