良い刀を買うために

”真偽保証書の選び方と折紙を信じない考え方” をおぼえましょう。信用の大きな保存協会の認定書・・・刀の値段が跳ね上がる重刀指定認定書とは日本美術刀剣保存協会が発行している現代の折り紙である。この刀を「貴重刀剣」と認める―から始まり「特別貴重刀剣」、さらに「重要刀剣」と三種類の証書に分けられている。

戦後、日本刀の所持が美術品として許可となったものの、非美術的なものも大量に審査合格となった。所持の許可は許可として、その中から優れたものを選びだそう―という目的で、昭和二十四年鑑定家が審査員となり、貴重刀剣、小道具審査が始まり、良く二十五年には、貴重の内から、さらに優れたものを特別貴重刀剣認定することとなり、さらにその上の重要刀剣指定という制度が出来上がったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です