上杉謙信の刀

戦国武将には名刀と言われる数多くの日本刀が存在します。

はじめに、上杉謙信と、彼に使えた直江兼続、家康の家臣であった奥平信昌の名刀を紹介していきましょう。

上杉謙信は越後守護代の長尾家に生を受け、長尾景虎と名乗りました。その後関東管領の上杉家の家督を引き継ぎました。景虎は、上杉政虎、上杉輝虎と名を変えており、現在一般に親しまれている「謙信」の名は法号です。謙信は自身を仏教の軍神とされる毘沙門天の生まれ変わりと信じていました。上杉謙信は、戦術は当然のこと剣術の腕も相当よいものであったとされています。越後の虎の異名で呼ばれ、武田信玄、織田信長ら諸国の大名も脅威に感じていました。生涯にわたって独身で、戦も侵略戦は行わなかったという姿勢が人気を集めています。上杉謙信は愛刀家であったことも伝えられています。現代でも、上杉家が所有した刀は数多く残されています。その特徴とし日本刀が長大であることが挙げられます。これを裏付けるエピソードがとして『常山紀談』があります。豊臣秀吉がある日、大坂城に居合わせた諸国大名の日本刀を外装から、どれが誰の刀かピタリと言い当てたとされています。謙信の世継ぎであった上杉景勝が所有する日本刀に関して、秀吉は「謙信以来、上杉家では長い日本刀を好んで使う」と言い当てた理由の説明をしたという逸話が残されています。

川中島の決戦の名場面としては、上杉謙信が単独で武田軍本陣に突撃する場面でしょう。愛馬にまたがって、謙信が三太刀七太刀で信玄を切りつけ、信玄がこれに軍配で応じるという逸話です。江戸時代以降、語り継がれている人気の一騎打ちとしても有名です。この時謙信が所有していた日本刀が備前長船長光の作である「小豆長光」とされています。ある日上杉家の家臣が、「鞘が割れて刃が露出してしまった貧相な太刀」を腰にぶら下げた男を見つけました。男は小豆入りの袋をかついでいたが、袋に穴があいており、次々と小豆が地面にこぼれてしまう。家臣がなんとなく見ていると、小豆が鞘からむきだしになった刃に当たって、その瞬間2つに割れた。家臣は驚き、すぐに男から太刀を譲り受け、主君である謙信に献上したとされている。小豆長光という不思議なエピソードがこれに当たります。この小豆長光は刀身とともに押型も現存しておらず、その由来も小説じみています。川中島の謙信が信玄に単独で斬りかかったという話も幕末の思想家であった頼山陽の創作であるとの見方も根強くあります。しかし上杉家には備前長船長光の銘を持つ刀が現在でもいくつか残されており、謙信が長光作の刀を重用していたことは確実です。

直江兼続の刀

三条宗近とは、天下五剣に数えられる三日月宗近が造った刀です。名工として数々の伝説が残されており、現存する銘の入った刀は三日月宗近のみである。兼統は義に厚い人だったと言われている。学問所や文庫を立ち上げ、読書人と同時に文化人であり、武田労に優れた偉丈夫であったため、是非、家中にと懇願する大名も多くいた。刀以外の持ち物は、前立てに愛の字を大きくあしらった兜が有名で、これは愛染明王、または愛宕権現から奪い取ったと伝えられている。上杉家の家老であった直江兼続が宗近を磨り上げたものを刀として使用していたとも言われる。 しかし兼統は好条件での移籍話をあっさり断って、上杉家に続けて仕た。また豊臣臣下である石田三成と親交があるため、秀吉の死後正面から家康に意見する「直江状」を送りつけたことでも有名である。

奥平信昌の刀

家康の家臣であった奥平信昌が長篠の戦いにおいて活躍し、功績を残した。その結果、信長から受領したのがこの一文字である。この日本刀は、この戦をちなんで長篠一文字とも呼ばれる。また、信昌は定昌という名前だったのだが、長篠の戦いの活躍を見た信長から名を一字もらい、信昌と名乗るのを許可された。しかし武田軍との合戦において、やがて奥平氏が大きな障害になってしまうと信じた家康は説得を繰り返し、戦後の待遇保証や自分の娘である亀姫との婚約を条件にして信昌を味方に引き入れた経緯が判明しています。このような裏切り行為に怒った武田勝頼は信昌が守護する長篠城を十万以上の兵で攻め、信昌はこれを守り抜きました。もしこの城が陥落したら歴史が変わってしまい、後に続く戦いもどうなっていたか見当もつかない。まさに金銭には変えられない命をかけた戦いでした。武士の魂とされる日本刀を贈るという行為対して、報いたものだったと思われます。

◎おすすめの日本刀販売店・・・・刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋