ニツカリ青江

戦国大名を転々とした幽霊斬りとして有名な日本刀にニツカリ青江があります。

ニツカリ青江は備中青江派の作とされる名刀で「 羽柴五郎左衛門尉長」 と、丹羽長秀の名乗り姓や官職が銘に彫られています。長秀の刀として伝えられている。 ニツカリ青江という奇妙な名前の由来については沢山の説ある。その中でも共通しているのは、夜道を歩いていた武士が「ニツカリ」と笑う女の幽霊に声をかけられて、刀を抜き打って斬り倒した、という伝説である。一説ではこの武士は近江国在住であり、その当時近江を治めていた大名柴田勝家がニツカリ青江を所有したという。しかし、賎ケ岳の戦いで敗れ、信長の後継者争いに負けた柴田家は滅亡する。戦勝軍の長秀はこうしてニ ツカリ青江を手にして、丹羽家二代へ受け継がれたと言われている。ニツカリ青江は、のちに豊臣秀吉へと献上されたと言われている。豊臣秀頼を介して臣家に忠義を尽くした京極高次にその後与えられたと伝えられている。京極家はこの妖刀を代々秘蔵して保存した。その後、世に流出したのは戦後のことでした。