徳川に崇る妖刀

千子村正は「千手観音に祈願して生まれた子」という意味で千子と名乗った。村正は妖刀として有名であるが、刀工・村正一門の初代である。

これは家康の祖父と父を斬った刀が村正であったことが有名です。また、嫡男の信康が死罪の時に介錯に使われた刀としても有名です。この日本刀は、なにかと徳川家に仇をなすことから家康が村正を忌んだためと言われている。よって、本来は徳川に対して祭る妖刀として忌まれたということである。 真田幸村も村正を所持した武将で、幸村が村正を身に帯びたのは、 反徳川を強く打ち出すためだったとも歴史上言われている 。真田家は織田と徳川の連合軍に滅ぼされた武田家に仕えていた。真田家は何度も主君を替え逆境の中を生きてきた。幸村は家を守るために人質として諸大名に預けられる生活を長く強いられたが、武将としての幸村は錆びてはいなかった。大坂夏の陣では西方につき、海道一の弓取りと言われた家康の軍を相手に本陣まで突破して後一歩のところまで追いつめた歴史があります。