明石園行

明石園行は、園俊、園光と連なる名工一門の事実上の始祖、来園行の作。刀身の腰もとに密教の法具である三鈷柄剣の彫刻が入っています。最後の明石藩領主だった松平家が所蔵していたことで有名です。園行がどういう経緯で松平家に所蔵されたかはわかっていない。園行の有名な話として、信長の持つ「不動園行」の伝説がある。信長は、自分の持つ天下の三大名宝があります。まずは茶器の「つくも髪」、そして家臣の丹羽長秀、そして不動園行をあげています。信長は酒席でこの3つを歌ってほめたという。その後、本能寺の変で信長が死ぬと、不動園行は明智光秀の重臣、明智左馬之助の手にわたりました。しかし左馬之助も秀吉に城を攻められ、 ついには追い詰められて死んでしまう。このとき、左馬之助は自分の命は諦めたものの、天下の名宝を戦火で失うのはもったいないと考え、秀吉に園行を託したといわれている。死に面してなお、この日本刀の行方を案じたという左馬之助もすごいが、それだけ園行には価値があったということだろう。