正宗の大刀

奥州青葉城に居をかまえ独眼竜の異名をとどろかせた戦国武将、伊達政宗にも幾つかの名刀にまつわるエピソードがある。

江戸時代、「正宗といえば名刀、名刀といえば正宗」というほど、正宗ブームが起り、諸大名はこぞって正宗を自分の差し料にした時期があった。そんな折のこと、ある大名が登城していた政宗の腰の物について「それは当然、正宗でしょうね」と聞いた。城中であるから大刀は 差していない。脇差について聞かれたのである。政宗は「もちろん正宗である」と答えた。しかしこれは嘘であった。政宗は屋敷に帰った後、さっそく正宗の脇差を探させたが見つからな かった。やむを得ず、政宗は正宗の大刀を磨り上げ、脇差に仕立て直した。政宗の性格を表わした逸話である。 政宗はこの脇差に 「振り分け髪」の号をつけたという。これは 『伊勢物語』にある「くらべ来し振り分け髪も 肩過ぎぬ君ならずして誰かあぐべき」という歌から取ったものである。これだけ長かった名刀を脇差にするとは、自分以外の誰が出来ようか、という意味を込めた諾諾である。元々この歌は「筒井筒井筒にかけしまろが丈生いにけらしな妹見ざるまにという求婚の歌に対する返歌で、刀につけるにはずいぶんと色っぽい名前だと言える。この歌をテーマにした能の舞台に「井筒」がある。政宗は能を好んだのでそこから着想を得たのかもしれない。こうしたセンスはまさに「伊達男」と言える。