武田信玄とー文字の太刀

武田家は甲斐源氏の子孫といわれ、甲斐一帯を支配した大名である。

十八代当主の武田信虎は甲斐の統一を成し遂げた名将だが、暴君としての逸話も残り、子である信玄との不仲も伝えられている。武田家を中心に描いた寧記物語「甲陽軍艦」には信玄が十三歳の時の エピソードが記されている。

幼い信玄は信虎に秘蔵の名馬「鬼鹿毛」を譲ってくれるよう使者を通じて頼んだ。しかし信虎は「まだ早い。そなたには来年元服した折に武田重代の太刀、脇差、銭を鬼鹿毛といっしょに譲ろうぞ」と断る。どうしでも馬が欲しかった信玄は「鬼鹿毛だけでも先に頂き、元服の初陣の 時に乗りこなしてみせましょう」と食い下がる。これに信虎は激怒して「武田重代の宝物を要らぬというのか! では弟の次郎(信繁)に譲る としよう!」と言い、信玄からの使者を斬ろうとしたという。ただし「甲陽軍艦」は創作を交えた物語であり、史料としての仙値は疑わしいというのが現在の通説となっている。

信虎は愛刀家でもあったといわれ、特に名刀「宗三左文字」が名高い。三好宗三から贈られたこの刀は「義元左文字」とも呼ばれ、信虎が今川義元と和睦する際に義元に贈られた。以後義元から信長、秀吉、秀頼、家康と天下人の聞を転々として徳川家の伝家の宝刀として伝わった。

甲斐の虎と越後の龍、武田信玄と越後の上杉謙信は、幾度も剣を交えた好敵手同士である。すでに甲斐を平定していた信玄は信濃に攻め入るが、これを脅威と見た謙信は信濃方面に貴重な兵力を割く。なかでも五度にわたる川中島の戦いは現代でも人気の高い歴史的対決である。しかし二人はただいたずらに敵対していた訳ではなかったという。武田・今川・北条の同盟関係が悪化していた頃である。駿河の今川氏が北条氏と共謀して、太平洋側から甲斐への塩の補給を封鎖したことがあった。武田氏の領地は海に面していないため、塩分を摂取できずたちまち窮地に陥った。