謎に包まれた刀

三池光世は謎に包まれた鍛冶である。平安時代後期から室町時代にかけて筑後国に続いた一派とされているが、銘が切つてある刀はこの大典太のみである。

加賀前田家の重宝であり、伝説では足利将箪の持ち物であったのが徳川家に渡り、それが前田家に伝わったとされているが、来歴には不明な部分が多い。平安の太刀にしては身一臓が広く重厚な造りになっており、 同時代の 一般的な作風からは外れている。そのことから、名古屋刀剣研究会の杉浦良幸氏は光世は平安時代に遡るほど昔の刀工ではなかったのではないかということを示唆している。 しかし、大典太が天下五剣に数えられる名刀であることは間違いない。

美術的価値ももちろん高いが、 実用刀としての切れ味も鋭く、刀剣吟味を司る公儀御様御用の山田浅右衛門は、大典太で三つ胴( 三つ重ねた屍 体を斬る試し)で、二つを両断し、 三体目の背骨まで斬り込んだという。