江雪左文字

江雪左文字は、北条氏政の家臣 ・板部岡江雪斎が秘蔵する刀であったことから、その名で呼ばれるようになりました。
江雪斎は、動乱の戦国時代を卓越した外交手腕で生き抜いた武士です

主君・氏政のためによく尽くし、その働きぶりが豊臣秀吉の目にも留ま りました。
北条の没落後は秀吉に重用されましたが、長男が徳川家康に仕えていたため、秀吉の死後は家康に随従することとなり、この時、愛刀を家康に献じました。
後に家康の十男・紀州徳川初代の頼宣に与えられ、紀州徳川家に伝わったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です