技術の伝来

日本には、弥生時代に朝鮮半島などを経由しつつ、中国大陸から穴に加工をする製鉄技術が伝わってきたという風に言われており、そもそも日本では純粋な鉄が取れなかったために、すべてを輸入しなければならなかったわけですが、加工技術の発達や材料に関する理解が深まるにつれて、日本にも存在する砂鉄や鉄鉱石などを用いて十分に強い武器を作ることができるようになってきたとされています。このような動きというのは、弥生時代の終わり頃には非常に 盛んになってきており、現代でも遺跡などを掘り起こすと、非常に盛んに製鉄が行われていたのではないかという証拠が見られることもあるそうです。とりわけ、日本では広大な自然が広がっているところには砂鉄などが埋まっていることも多かったために、刀を作るための名所なども多く誕生しており、性能の高い日本刀が作られるきっかけとなったという風に言われているわけです。鉄が、豊富に存在するということは日本刀だけが作られているわけではなく、料理の器具はもちろんのこと、様々な当時の日用品なども鉄を用いて徐々に作られるようになっていったというふうに考えられます。たたら製鉄というものはあまりイメージがわかないかもしれませんが、膨大なエネルギーや材料を必要とするため、資源が潤沢になければ行うことができないという点が、非常に難しいポイントであるという風に言えるわけです。広大な土地で木炭を作ったりして、きちんと準備した上で、製鉄を行わなければ失敗してしまうというようなポイントも、あまりこれまでに発見されてこなかった部分ではないかという風に言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です