切羽詰まる時に思い浮かぶものは?

「切羽つまる」という言葉は、日本刀の「切羽」と呼ばれる金具を関連する言葉となります。「切羽」は、日本刀の刀身の部分の持ち手となる箇所に取り付ける金具をいうそうです。「鐔(つば)」と呼ばれる、刀の鋭利な部分と手持ちの部分を区別する場所に位置する箇所の表と裏にはめ込んでしっかりと、刀を押さえる役目を果たすようです。この「切羽」が、きちんと働かないと日本刀の役目を果たすことができない事から、「切羽がうまく働かない」=「切羽が詰まる」と窮地に立たせられる状況となるような意味合いを表しているようです。刀の切羽が詰まってしまう事で、しっかりと身動きできなくなってしまい、身動きが取れなくなってしまう状況からうまれた言葉であるようです。日本刀に関連する日本語は、多くようでそれだけ、日本刀と日本人の関係性の強さを表しているようにも感じます。皆さんは、日本人として、日本刀を見ると何か精神的な事柄を感じることはありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です