鉄砲切り兼光[てっぽうぎりかねみつ]の日本刀

鉄砲切り兼光[てっぽうぎりかねみつ]の日本刀は、上杉謙信の愛刀です。戦いの中で、一人の武将を斬り伏せると、鎧や兜、さらには、 武将が所持していた鉄砲までもが断ち斬られたといわれている。いずれも荒唐無稽な逸話のようではあるが、なまじっかな斬れ味では、現代 まで語り継がれるような伝説がつくられるはずもない。真に優れた名刀であること は間違いないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です