日本刀のフォルムと日本人

皆さんは「刀」と「剣」の違いをご存知でいらっしゃいますか。刀と剣を合わせて「刀剣(とうけん)」などと呼びますが、一般的には「刀」は振り下ろすことによって物を切る道具であり、「剣」は突き刺したり叩いたりすることが主である道具であるようです。

日本独特の武器である日本刀は、世界にある武器と比較致しますと、その湾曲(わんきょく)に曲がっているフォルムが大変珍しい刀であるようです。世界中にある武器を集めてみても、日本刀のような美しい曲を持ったフォルムをした刀は珍しいようで、多くの場合は「直刀」さらには「両刃(もろは)」であることが多いようなのです。

世界的にも広がる「直刀」は日本刀のように振り下ろして使用するのではなく、突き刺すことがメインに利用されていたようです。確かにフェンシングの試合などを観戦しておりますと、手にした剣を相手に突き刺すようなポーズがとても印象的であります。

剣道は、相手に向けた竹刀を縦横斜めに振り切る動作が特徴的でもあることから、日本刀のフォルムには、日本人の独特な考えや生き方などが反映されているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です