豊臣秀吉と刀について

豊臣秀吉は賤ヶ岳の戦い後、ことのほか利家をかわいがりました。臣政権の政務を統括する五大老に命じたり、息子である秀頼の後見人にも利家が指名したんです。そのため秀吉亡き後、備前長船住長義の短刀を利家に託したともいわれてます。それゆえ前田家には代々これが引き継がれていったと言われてるのです。今では重要文化財に指定されているんです。鎌倉時代後期の刀工手段によって製作されました。作刀の伝法である五箇伝で作られているんです。そのなかの備前伝や相州伝の特徴を感じさせるところが随所に見受けられます。こういた刀を鑑賞していると、秀吉の歴史や人生に思いをはせ、その時代に時間旅行をすることができ非常に楽しいひと時を過ごせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。