室町以降の打刀

・山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)
堀川国広による打刀です。
信濃国戸隠山の山姥斬りつけて退治したことから「山姥切」と呼ばれるようになりました。
鎬造りで、庵棟、身幅は広く先幅張り、重ねは薄く、鎬低く鎬幅狭い。
刃文は、湾れ(のたれ)主調で互の目交じり、足・葉が盛んに入ります。
重要文化財に指定されています。
徳川美術館に所蔵されています

・池田正宗(いけだまさむね)
相州正宗による打刀です。
池田備中守長吉が所持していたことから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、表裏に幅広の掻き通しの棒樋があり、樋先上がって肩いかり、添樋が中心に残る。
大磨上で身幅は広く、切先は延び、雄大な造込みになっています。
刃文は、湾れに小乱れ交じりで金砂のごとき小沸えつき。
重要文化財に指定されています。
徳川美術館に所蔵されています

・石田正宗(いしだまさむね)
相州五郎正宗による打刀です。
石田三成がが所持していたことから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、反高く、中鋒である。
刃文は、湾れに互の目交り、金筋かかる。
重要文化財に指定されています。
東京国立博物館に所蔵されています。

・桑名江(くわなごう)
郷義弘による打刀です。
鎬造りで庵棟、中鋒。
刃文は、小のたれ互の目交りである。
重要文化財に指定されています。
京都国立博物館に所蔵されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です