武士道が目指すもの

日本刀を用いた、稽古などの、反復練習の結果として、こころとからだをしっかりと鍛えていくことで、人間として成長するということが大きな目的となっていくということは、とても分かりやすい目標設定が自然となされていると考えられなくもありません。一般的に専門家のあいだでいわれることもおおい武士道の到達点やゴールというものは「その刀に頼らずして相手を制する」ことができるようになるということで、眉唾な話であることは十分んに承知の家で解説するならば、抜刀せずとも相手を制するようにできれば、争いもなくなるということなのです。現代では安易に暴力にうったえでた犯罪なども多いからこそ、今一度、武士道を用いた鍛錬の復活がのぞまれているといえるのではないでしょうか?近代化を遂げていこうでは、日本刀を、用いる場面は、非常に少なくなってきており、本来であれば、武士が、刀を用いて、きりあっていたような場面であっても、法律に基づいて、処分を下す、というようなことが、庶民レベルでも、なされるようになってきたために、日本刀はその役目を終えて、表舞台から去っていったということは、確かであると、考えられるのではないでしょうか。それから、しばらくの間は、大きな犯罪を犯したりして、死刑になったりした際に、刑の執行に、日本刀が使われるということも、しばしばあったようですが、拳銃の台頭などによって、日本刀は、ますます使われなくなってしまった、という事実はあるのかもしれません。このような結果に、本当は、もはや不要な産物とみなされてしまい、昭和に入ると、むしろよくあるケースである骨董的な価値が付き始めたということが、一般的に言われているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です