武士と刀剣

皆さんは日本刀を帯刀する武士たち姿を、所謂、古の日本人の姿としてイメージする方も少なくないのではないでしょうか。武士たちはいつからその存在を認められるようになり、刀剣を腰に帯刀するようになったのでしょうか。武士がうまれるルーツに関しては諸説あるようですが、もともとは朝廷や貴族に仕えていた戦士たちであったとも考えられているようです。平安時代の終わりごろから武士たちの存在が時代の表舞台にあらわれるようになり、武士たちは反乱を起こすまでになっていたようです。武士たちの力を示すものは軍事力であり、その具体化されたものとして武器である刀剣を常に帯刀していることにもつながるのかもしれません。鎌倉時代になりますと、武士の都市とも言われている鎌倉に幕府が置かれるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。