日本刀の錆の落とし方

日本刀を持っている方は少ないため、知っている方も少ないですが、日本刀も金属でできているため、錆びることがあります。この文章では、日本刀が錆びたとき、どのように対処すればいいのか、解説していきます。
日本刀は鉄でできているため、定期的な手入れを怠ると錆びます。放っておくと、錆は広がり、刀の表面だけでなく奥深くまで錆びていき、修復不可能となります。そこまで錆びた日本刀は、元々より大きく価値が下がります。
しかし、表面の薄い錆であれば、対処することができます。白錆か赤錆によって対処は異なります。白錆の場合、油を拭き取り、そのあと打ち粉を打ち、磨きます。赤錆が出たときは、メタルクリーナーという、鉄の錆を落とす薬品を使い、拭き取ります。ここで、研磨剤が含まれているメタルクリーナーを使うと、刀身に傷がつく可能性があるため、使うべきではないです。最も確実な方法は、研師に依頼し、研いでもらうことですが、なかなか居ないため難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。